8月12日まで!「DEATH NOTE」の新作読み切りが無料で読める!(ネームだけどw)

少年マンガ

「DEATH NOTE」、当時めっちゃ流行りましたよね~!!
私もすごく好きな漫画です。

「DEATH NOTE」の作画を担当されている小畑健先生の画業30周年を記念して、7月13日から8月12日まで小畑健展が開催されています!

その中でも注目したいのは、2008年以来11年ぶりとなる「DEATH NOTE」の新作読切!

展覧会では完成原稿の冒頭10ページが展示されているのですが、その読切のネームが「少年ジャンプ+」で全ページ特別公開されています。

悠

8月12日までの期間限定公開なので、ぜひ今のうちに読んでみてください!

スポンサーリンク

あらすじ&感想

「DEATH NOTE」本編後の話として、Cキラ編という読切があるのを知っていますか?
物語はCキラ編のラストシーン…、死神リュークが新たにDEATH NOTEをもう1冊手に入れるところから始まります。

リュークはおいしいリンゴを食べさせてもらおうと、ノートを渡す人間を探しに人間界へ…(リンゴのためかよw)。
そして選ばれたのが、田中実というIQの高い少年でした。

Lことニアはもちろんのこと、警察庁の面々など懐かしいキャラたちも出てきますよ~。

悠

率直に言って、めっちゃ面白かったです♪
ぶっちゃけネーム状態だと読みにくいので初めは読むかどうか迷ったんですが、最初こそ読みにくいと感じるものの、途中からネームだということを忘れてしまうほどの面白さでした!

ジャンプ+って閲覧数が各漫画ごとに分かるようになってるんですが、曜日ごとのトップの漫画で30~40万くらい、特に人気の漫画でも60万くらいなのですが、ネームにもかかわらず公開から3日後くらいには170万を超えていました!
圧倒的人気ですね!!

Cキラ編も同時公開中!

過去の読切作・Cキラ編のラストから物語が始まると言いましたが、話自体に繋がりはないので、Cキラ編を読んでいなくても全く支障はありません。
しかし、Cキラ編も同じく期間限定公開されているので、せっかくならこちらから読むことをおススメします♪

解説

少年ジャンプ+はコメント欄があるんですが、コメントを読んでいると、いくつか謎の残った人が多いように見受けられました。
ラストについても、意見が真っ二つに分かれています。

感じ方は人それぞれですし、どれが正解かは作者のみぞ知ることでしょうが、私なりに「これが正解かな?」と思った見解を載せておきます。

悠

もし最後まで読んで「ん?」と疑問に思ったことや「これがよく分からなかった」ということがあれば、ご参考までに~。

ガッツリとネタバレなので、読む前に見ることはお勧めしません。
また、読後前提で書いているので、読んでなければ何のことか分かりにくいかもです。汗

★ 実はなぜ死んだのか
コメント欄では「後付けルールによって死んだ」と「リュークがノートに名前を書いたことによって死んだ」の2つに大きく分かれていますが、「後付けルールによって死んだ」が正しいと思います。
リュークが名前を書いたのは「ノートの所有者が死んだ場合は、死神が自分のノートに所有者の名前を書く」というルールがあるからです。本編1話で月(ライト)にリュークがそう説明しています。
※ジャンプ+では本編も読めます!1~3話は無料で読めるので、気になった人はチェックしてみてね♪
「大統領が受け取りを拒否したから、売買は成立していない」「お金を受け取る前にノートの所有権を放棄しているから売ったことにならない」という意見もありますが、私は買い手が受け取るかどうかや所有権の放棄は関係なく、売った・買ったの意思の問題だと思いました。
そうでなければ、今回みたいにリュークに橋渡しを頼めば、売り手はお金もらえて(買い手が死にたくなくて受け取り拒否したら)売買不成立で死なずに済むっていうことになって、実質売り放題になっちゃうかなーと。

★ なぜ2年待ったの?
最初に読んだとき、これだけ理由が分からなくてモヤってたんですが、コメントで賢い人が教えてくれました。笑
2年待ったのは、自分がノートの所有者であるとバレないようにするためですね!
2年前の時点で、監視カメラの危険性を懸念しているし、リュークを見ることのできる人間が自分以外にもいるのかをリュークに確認しています。
最初にリュークが実に声をかけたのは外(公園?)だったし、そこから自宅までリュークと一緒に帰っています。
もしこれが監視カメラに映っていたら一発アウト!
この痕跡を消すために2年という時間を空け、次にリュークが会いに来るときには、地下を通らせて自分の家にリュークが入るところをカメラに映らないようにしているわけですね。
ちなみに「2年かけて計画を考えた」という意見もありますが、それは間違いです。
ノートの所有権を放棄すると記憶を失うので、2年の間に計画を練ることはできません。
そしてもう1度ノートに触れた時、記憶が戻り、2年前に考えた計画を実行。
つまり2年前に数時間考えた時に計画は出来上がっていたということ。実めっちゃ頭いいやーん!!!

無料で読む方法(少年ジャンプ+)

「少年ジャンプ+」というアプリで読めます。
Web版はコチラ ジャンプ+読切シリーズ

画面下の「無料連載」のボタンを押し、画面上で「土曜日」を選択すると、土曜の連載漫画一覧が表示されます。
掲載日が7月13日と古いので、少し下にスクロールすれば、新作読切ネームとCキラ編がみつかりますよ~。

どちらも8月12日までの期間限定公開なので、期間切れには注意してくださいね。

完成原稿は雑誌に掲載予定!

少年ジャンプ+で読めるのはネーム原稿ですが、完成版は雑誌に掲載予定(時期未定)とのこと。

悠

こちらも楽しみですね♪
実のビジュアルとか気になります!(あ、でも実は冒頭10ページに出てくるから展覧会では公開済みかな?)
あとニアが長髪になってたので、ぜひ綺麗な完成原稿で見たいです。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました